サロメチール サッカー シニア

サロメチールとは?

佐藤製薬から販売されている「外用鎮痛消炎薬」で、ここで紹介するのは「スポーツ前後の筋肉ケアに サロメチール」です。主な効果としては運動前後の筋肉疲労、打撲、ねんざ、関節痛、肩こり、神経痛、ロイマチス(関節リウマチ)、頭痛、歯痛、咽喉痛、虫さされ、ヒフのかゆみ、凍傷、感冒性関節炎となっています。

 

その中で最も効果をお勧めしたいのが運動前後の筋肉疲労、つまり運動やスポーツの前でも後でも使用出来るという点です。

 

種類としては40g200gもありますが、私がドラッグストアで見たことがあるのは40gですし、40gがあれば個人で使用するには充分だと思います。値段も公式サイトによると40gで1,078円(税抜価格 980円)と手頃です。因みに200gでは4,950円(税抜価格 4,500円)となっています。

 

サロメチールの公式サイトはこちら

 

【第3類医薬品】サトウ製薬 サロメチール 40g 【セルフメディケーション税制対象商品】

価格:459円
(2022/8/29 22:14時点)
感想(0件)

 

【第3類医薬品】サロメチール 40g x3個パック 【セルフメディケーション税制対象】

価格:1,346円
(2022/8/29 22:15時点)
感想(0件)

 

【第3類医薬品】サロメチール 40g x6個パック 【セルフメディケーション税制対象】

価格:2,673円
(2022/8/29 22:16時点)
感想(0件)

実際に使ってみて

それでは実際に使ってみたということで、実物の画像と中身を出してみた画像です。

 

実物の画像

中身を出してみた画像

 

実際に手に取ってみた感想ということで、個人的な感想にはなりますが一般的なハンドクリーム等に比べると柔らかいのではないかと思います。また画像の通り色は白です。この白が透明になるまで塗り込むのにやや時間がかかるような気はしますが、逆に言えば充分に塗り込むことで同時にマッサージを行うものだと考えます。

サッカーの場合の実体験に基づく個人的な効果

運動またはスポーツといっても様々ですが、ここでは私の実体験ということでサッカーでの効果について説明していきたいと思います。まず私自身とある区のリーグに所属するサッカーチームに参加していて年間5試合ほどプレイしてますが、参加したばかりの頃は後半の半分が過ぎると必ず両足がつってしまってました。

 

参加したばかりの頃はそれまでトレーニングを行っておらず、「これでは駄目だ」と思いジョギング等トレーニングを始めましたが、後半に両足がつる状態はなかなか改善出来ませんでした。

 

そこでチームの皆が筋肉ケアにどんなことをしているのか調べたところ、サポーターを使用してもいましたが「サロメチール」をほぼ全員が使用していました。ドラッグストアに市販されているとのことなので、買いに行ったところすぐに手に入れることが出来ました。そこまで高価なものでもなく、サッカーという瞬発力と持久力両方が求められるスポーツにそこまで効果があるのか使ってみるまで半信半疑でした。

 

実際に使用してみた結果、ナント!!フル出場しても最後まで足がつることはなくなりました。更に使い始めて今まで一度も足がつったことはありません。もちろんトレーニングの効果が出てきたとかサッカーのペースに足が慣れ始めた等様々な要因があるとは思いますが、とは言えそれでもこの効果、使わないのはもったいないと思います。

 

多くの人が生涯スポーツを始める現在、40歳を過ぎてサッカーを始める等シニアサッカーの人口も増加していると聞きます。一度この「サロメチール」を使ってみではいかがでしょうか?

 

お役立ちコラム(公式サイト内)へはこちらから!

サリチル酸について

ここではサロメチールの主な成分である「サリチル酸」について自分なりに整理して記述します。サリチル酸とは、天然に広く認められる化合物です。主に果実を中心とした植物内にエステル体であるサリチル酸メチルやサリシンの状態で存在しており、消炎剤や鎮痛薬があります。

 

また、柳の葉や樹皮は、古くから世界各地で薬として利用されてきました。医学の父と呼ばれる古代ギリシャのヒポクラテスは、柳の樹皮を鎮痛・解熱に使用していたという記録があります。ネイティブアメリカンも、柳の仲間を鎮痛・解熱に用いていたといわれます。

 

19世紀になると、その効用に注目したドイツやフランスの薬学者が柳の樹皮に含まれる成分を分析し、活性物質の抽出に成功しました。この活性物質は、柳の学名「 Salix」 に因んで「salicin(サリシン)」と名付けられました。このサリシンをさらに加水分解して得られたのがサリチル酸です。

 

そして、サロメチールにはこのサリチル酸のうち「サリチル酸メチル」と「サリチル酸グリコール」が含まれています。

 

サリチル酸メチルとはサリチル酸の代表的なエステルです。天然には冬緑油や白樺油の主成分として存在するほか、広く植物精油中に分布しています。実験室的には工業的にもサリチル酸とメタノールとを酸の存在下で反応させて合成します。知覚神経に作用して鎮痛作用を示します。また末梢血管を拡張して、血流を改善する作用があります。サリチル酸グリコールもサリチル酸メチルとほぼ同様の作用があります。鎮痛作用があり、肩こりや筋肉痛に伴う炎症や痛みを抑制します。

 

サリチル酸メチルやサリチル酸グリコールも、サリチル酸の構造の一部を人工的に置き換えてつくられています。

デメリットはないのか?

ここまでその効果ばかりをお伝えしてきましたが、「じゃあデメリットはないの?どうなの?」と言いたくなると思いますが、やはり運動後、スポーツ後は塗った場所が熱くなります。また、塗り薬故に石鹸で洗っても多少の匂いは残ります。どうしても気になる場合はキッチン用ゴム手袋や使い捨て薄ゴム手等を使用することをお勧めします。

 

ですが、強いて言えばということで挙げてみた次第で、正直私自身は使い続けていて上記のことをデメリットと感じてはいませんし、私としてはこの足が暖まってくる感じが筋肉に効いていると思えるくらいです。ただ人それぞれ感じ方が違う部分もあると思いますので挙げさせて頂きました。

口コミの紹介

 

筋肉疲労を回復メンテナスする軟膏です。学生時代からスポーツ後には使用してます。メンソールとユーカリの香りでスット染みて気持ち良いです。筋肉回復には手放せません。合宿などでサロメチールを塗っているとアブに刺されなかったのはアブがサリチル酸を嫌う性質があるらしいのです。防虫にも効果があるようです。
(男性 48才 会社員(技術系))

 

 

仕事や運動のあとの、疲労性の痛みや筋肉痛の緩和に効果が期待できそうな気がしてしばらく使っています。メントールが利いて効果が実感できるような感覚です。塗ったときの香りも好みですね。
(男性 60才 公務員)

 

昔から売っている筋肉痛のための塗り薬です。肩の痛みや脚の筋肉痛の痛みやコリの部分にこの塗り薬を塗るとヒンヤリしてスースーして痛みが和らぎます。この塗り薬を塗ったほうが身体が楽になります。クリームタイプですが肌に付けてもべとつかないので良いです。
(女性 26才 パート・アルバイト)

 

湿布がかぶれたりで苦手という人にはいいと思います。湿布と同じ効果のある塗り薬です。少しにおいがきついですがにおいとスースー感で効いている気がします。伸びもいいので塗りやすくべたついた感じもないので使いやすいと思います。うちでは、私が肌が弱いので湿布のほかにこれ用意しています。
(女性 36才 パート・アルバイト)

 

引用元:口コミランキングGOGO!

どこで手に入る?

それではどこで手に入るのか?ということですが、普通にドラッグストアで買えるのですが、ただ取り扱っている店舗とそうでない店舗がありますし、また途中で取扱いを辞めてしまう店舗もあるようです。私の場合以前は購入出来た店舗で再び買いに行ったところ取扱いを辞めてしまっていました。割と規模の大きい「マツモトキヨシ」には置いてあったので、今現在使用しているものはそこで手に入れたものです。

 

当然ネット通販で購入可能ですし、ネット通販なら店舗を探して回らずに購入出来ることも利点です。またネットでは1個買いからまとめ買いも可能です。個人では1個ずつ、チームでの場合はまとめて購入するのも良いのでははいでしょうか?

 

【第3類医薬品】サトウ製薬 サロメチール 40g 【セルフメディケーション税制対象商品】

価格:459円
(2022/8/29 22:14時点)
感想(0件)

 

【第3類医薬品】サロメチール 40g x3個パック 【セルフメディケーション税制対象】

価格:1,346円
(2022/8/29 22:15時点)
感想(0件)

 

【第3類医薬品】サロメチール 40g x6個パック 【セルフメディケーション税制対象】

価格:2,673円
(2022/8/29 22:16時点)
感想(0件)

 

関東各地をサイクリングしよう、おすすめの絶景をご紹介!(2022年版)